お知らせ・ブログ

うなちん日記 6

うなぎ豆知識
2020.10.31

うなちん日記 6

鰻のうんちくで外せないのが江戸時代中頃の多彩な才能の人、平賀源内ですが

元来、天然のウナギは冬眠に向けて餌を食べ込む秋がもっとも太り、旬を迎えます。

養殖物がなかった江戸時代、ウナギ屋の主人から売り上げが細る夏の対策を相談された源内は、

夏の土用の丑に、同じ「う」の付くウナギを食べるのが夏バテ対策になると売り込むように助言しました。

現在のキャッチコピーの源流と言われています。