お知らせ・ブログ

うなちん日記 17

うなぎ豆知識
2021.02.02

今回は、関東と関西のうなぎのかば焼きの作り方の違いです。

捌き方の違いは前回お話ししました、うなぎの串打ちは東と西では

竹串と金串の違いがあります、さらに蒸し焼きと直火焼の違いもあります、

関東ではうなぎを二等分して蒸し器に入る長さの竹串に刺し

15分ほど蒸した後に本焼きをします。

先に蒸しをかけるようになったのは、気の短い江戸っ子にできるだけ早く

提供するためと言われています。

うなちんは北関東の生まれなので箸で軽く切れる関東のかば焼きに

違和感はないのですが、名古屋に長く暮らしている今では

関西風の金串に直火焼き!一本うなぎ!皮目がパリッ!

ひつまぶしを食べた時の満足感は名古屋の勝ち?と思っちゃいます。